2008年03月27日

着眼大局 着手小局

着眼大局 着手小局 について
ウシオ電機会長の牛尾治朗氏はこのように言っています。

日本は華々しい目標を掲げなくとも、
決めたことを一つ一つ確実に実行していきさえすれば、
十分に成長を持続することができる。
外交においては、約束をきちんと守る国だという信頼を
築いていくことが最も重要だ。
着眼大局 着手小局の格言のように
囲碁の勝負と同じように
大局観を持って序盤からしっかり布石を打って行くこと
戦後の日本の外交はインドのような派手さはありませんが
大事なところでの選択を誤らなかったおかげで
今日の繁栄を享受することができたのです。

今、日本の将来を左右する重要問題のひとつが
人口減少問題です。このまま小子化が続けば
2050年には日本の人口は一億人を下回る。
国の力は人口に比例しますから、
人口の減少に歯止めをかけるための政策や、
人口が減ってもいまと同水準の生産性を保つ方策を
早急に講じなければなりません。
いまひとつが資源問題、環境問題です。
地球温暖化の進行、代替エネルギーの開発
を急がなければいけない
だから、今、着眼大局 着手小局
しっかりした大局観を持つことが重要です。
責任の所在を明確にし、
自主判断、自助努力、自己責任の三つの自の実行して自立する。
一人一人が自立して、この厳しい変化の時代に
打つべき布石を誤らないだけの実力を養っていかなければならない。


posted by 株式会社ミズノ at 09:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
西の空から火球があらわれた。
みるみる火球は近づいてすごいスピードで東に飛び去った。
火球の方向は静岡方面だな海に落ちれば良いがな。   
隕鉄でなければ良いがな。
ピンポイントで浜岡原発などになるなよ。
無料電子書籍「飲酒放談・日本の未来」のご紹介です。
よろしければご笑読ください。
( パソコンや ipad への取り込みは )
インターネットに[ipadzine小山啓天] -------ウエッブ検索
「小山啓天」の書籍-ipadzine(電子書籍)-----クリック
読みたい画面--------------------------------クリック
啓天の無料電子書籍は2014年8月現在、6部あります。
新着順表示でない場合には下に隠れています。カーソルで動かしてください。
直接ファイルを開く--------------------------クリック
保存----------------------------------------クリック
画面表示での読書は、縮小や横書き変換で読みやすい画面表示をお勧めします。
印字したい場合は、枚数に注意して用紙をセット・印字してください。
Posted by 小山啓天 at 2014年08月15日 11:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。