2016年05月26日

今日の言葉
 ウェストン・チャーチル

凧が一番高く上がるのは
風に向かっている時である
風に流されている時ではない
posted by 株式会社ミズノ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月31日

「3」の壁

「3」の壁

「継続はカなり」の諺のように、決心したことを続けることは成功の秘訣です。
しかしながら、継続するのが苦手な人もいるでしょう。
そのような人は、「3」の壁を意識しながら、
きめ細かな目標を定めてみるとよいでしょう。
 
 @ 3日の壁…引き返すなら今だぞという思いから三日で投げ出す怠惰の壁。
 A 3カ月の壁…十分やったと思い込んでしまう満足の壁。
 B 3年の壁…他の事をやってみたいという飽きの壁。

これらの壁を突破した時、成功の扉は開かれます。
国家資格取得を目標に勉学に励むY氏は、
問題を途中で諦めてしまうクセがあります。
「明日解ければいいや」という意識が強く、すぐに諦めてしまうのです。
ある日、<合格の秘訣は細かな目標・ノルマをこなすという継続だ>と意を決したY氏。
「三日後・三ヶ月後の達成状況。合格して三年経過した自分は資格をどう活用しているか」
という長期の目標を立てたのでした。
現在その三年が経過して、取得した資格を仕事で自在に活用しているY氏は、
「3」の壁を突破できたことを改めて実感しています。




posted by 株式会社ミズノ at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

私の背中を見なさい

私の背中を見なさい

サッカー日本女子代表の澤穂希選手が、
世界の強豪チームを相手にする際にイレブンを奮起させた言葉は、
「苦しくなったら私の背中を見なさい」でした。
澤選手は大阪で六歳の頃からサッカーを始めました。
その当時、
女子は練習生の中で一人だけでしたが、
体は大きく、
足は速く、
男子に見劣りしませんでした。
性格も負けず嫌いで、
練習は絶対に休まなかったそうです。
ある試合でゲームキャプテンを決める時のこと。
一人の男子が「澤でいいんちやう」と言うと、
他の男子が「女はあかんわ」と反対しました。
それからしばらくして、
澤選手は一番上手な男子にも負けないほどに上達していたといいます。
もう誰も「澤キャプテン」に反対しませんでした。
多くの壁を乗り越えてきた人物には、
「負けず嫌い」という特徴があるといわれます。
澤選手は、
その後の様々な苦労を経て、
「見せるべき背中」をつくりました。
周囲の選手たちも、
澤選手が通って来た道を知っているからこそ、
その背中に励まされたのです。
「背中」とは「実績」です。圧倒的な背中をつくりましょう。





posted by 株式会社ミズノ at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1年の感謝

様々な活動を通じて
たくさんの感動や気づき
心の交流も多くいただきました。
今年縁のあった皆様に感謝します。
ありがとうございました。
今年の振り返りをしっかりして
ワクワクいっぱいの2016年になるよう挑みます。
今年一年大変お世話になり
ありがとうございました。
posted by 株式会社ミズノ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

ともに前に

今日は今後一緒に組んで行く会社と将来の打ち合わせです。自分と考え方が近い経営者との酒はうまいですね。根っこが近いし清潔感があり未来に握手
posted by 株式会社ミズノ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ともに前に

今日は今後一緒に組んで行く会社と将来の打ち合わせです。自分と考え方が近い経営者との酒はうまいですね。根っこが近いし清潔感があり未来に握手
posted by 株式会社ミズノ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

カツ丼誕生

カツ丼誕生

カツ丼の発祥には諸説ありますが、
元早稲田大学教授の中西敬二郎氏らが考案した、
という次のようなエピソードがあります。
学生の頃、
中西氏は、
昼食を摂るために、
ある洋食屋へ通っていました。
その店のメニューは、
カレーライスとカツライスしかなく、
中西氏はこの二つを交互に食べていました。
ある時、
同じものを食べることに飽きてしまい、
お店の人に頼んで調理場に入らせてもらいました。
皿盛りのご飯を丼に移し、
その上にカツをのせて、
手作りのソースをかけた自己流の料理がカツ丼の始まりだといわれます。
ここで注目したいのは、
「飽き」が新しいものを作るチャンスになった、ということです。
「飽き」をそのままにせず、
「工夫」という選択を取ったことが、
カツ丼という新しいメニューを創造することにつながったのです。
仕事でも同じことを繰り返していると、
飽きが生じます。
飽きこそ改善のチャンスと受け止めて、次の行動に移しましょう。




posted by 株式会社ミズノ at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

先施の心

先施の心

上杉鷹山は、
財政改革と殖産興業を図って、
米沢藩の藩政を立て直しました。
鷹山が生涯にわたり師と仰いだのは、
細井平洲という尾張生まれの儒者です。
平洲は江戸におう鳴館という私塾を開きました。
また、
米沢藩の藩校・興譲館を鷹山と共に再興。
後に尾張藩にも仕え、
明倫堂の総裁として、
尾張藩九代藩主・徳川宗睦に重用されました。
平洲の教えの一つに、
「先施の心」があります。
先施とは、先に施すという意味です。
相手が働きかけてくるのを待つのではなく、
自分の方から先に働きかけていくことが大切だ、
という教えです。
挨拶なら、
自分から進んで挨拶をする。
相手に親切を求めるより、
まず自らが進んで親切を行なう。
自分から先に相手を敬う。
どれも、
自分の方から働きかけることにより、
相手の心を動かします。
良いことは人に先駆けて行ないましょう。
人間関係をより円滑にするだけでなく、
自らの人間性をも高めることができるからです。




posted by 株式会社ミズノ at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

ホンダの挑戦

ホンダの挑戦

本田技研工業を一代で築き上げた本田宗一郎氏は、
経営者として、
様々な名言を遺しています。
次の言葉もその一つです。
「チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ」
ホンダがF1レースに参戦するようになって、
今年で五十周年を迎えます。
F1参戦を決めた昭和三十七年当時、
ホンダはまだ二輪車専門のメーカーでした。
四翰車を一台も販売したことがない会社のチャレンジは、
無謀だといわれましたが、
昭和三十九年にF1レースに初参戦。
翌年のメキシコGPで、
みごと初優勝という快挙を成し遂げたのです。
「日本の弱小メーカーが世界のレースに参加しても歯が立つわけがない」と
いわれながらも挑戦したのは、
本田宗一郎氏の熱き思いの表われでしょう。
最初から無理だと諦めてしまうことは簡単です。
しかし、
チャレンジ」しなければ得られないものはたくさんあります。
何もせずに悔やむより、
チャレンジして得られる失敗を喜びたいものです。
悔いを残さず挑戦しましょう




posted by 株式会社ミズノ at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

リーダーに欠かせない資質

リーダーに欠かせない資質

1)バイタリティー
2)楽天性
3)絶えざる自己修練

人間的迫力、人間的器量はそこから起因している
posted by 株式会社ミズノ at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。